feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<TRIPOO!! 〜バイク・自転車・釣り日記〜>バイク(KLR650・XR100)、自転車(Vigore)、釣り、DIYなど趣味の日記

群馬県林道マップ

2017年にバイクリターンした後の林道走行記録です。GOOGLE MAPの林道の線をクリックするとURLが表示され、林道の詳細ページを見ることができます。
ダート/半ダート 舗装路 ■制作中

→他の県の林道マップはこちら

 

※林道の通行状況や路面状況は変わりやすく走れるとは限りません。走行可否の判断は自己責任でお願いします。また林道を走る際は安全運転を心掛けてください。

 

群馬【林道・東御荷鉾線】のルート地図

県道175号線・177号線から御荷鉾スーパー林道へ抜けることが出来る林道です。正確な距離は分かりませんが、地図で測ると全区間が8.6kmほど、ダート区間が4.9mほどでした。

標高の低い所と高い所を結んでいる林道で、展望台もないので素晴らしい眺望があるわけではありませんが、広葉樹からの木漏れ日は綺麗です。

長い間崩落していた地点も修復されて通れるようになっているので、北側からアクセスも出来るようになりツーリングの幅が広がりますね。


群馬【林道・東御荷鉾線】のルート地図

▲地図をクリックすると動かせるようになります。
地図の表示形式は右上のメニューから選べます。右上のロゴをクリックしてRIDE With Gpsのページへ行くと、GPSデータをダウンロードすることもできます。

約5kmのダートを使って御荷鉾スーパー林道へアクセス出来る「林道 東御荷鉾線」

林道は広葉樹が多く木漏れ日の中を走れます。特別変わった景色があるわけですが、かっこいい切り通しがあったり面白い看板があったりします。

北側からダート約5kmを楽しみながら御荷鉾スーパー林道へアクセス可能で、道は全線フラットでとても走りやすいです。

走行日:2021/6/20

 

動画で見る「林道 東御荷鉾線」

今回は御荷鉾スーパー林道側から入っていきました。完抜け林道ですが、舗装路になった時点でUターンしているので、ダート区間の約5kmの紹介です。

 

写真で見る「林道 東御荷鉾線」

御荷鉾スーパー林道の舗装路区間を神流湖方面から走ってきたところです。右に入る道が東御荷鉾林道です。

林道・東御荷鉾線入口

入り口です。こちら側が東御荷鉾林道の終点です。

林道・東御荷鉾線入口

御荷鉾スーパー林道側の林道看板は新しくとても綺麗。

林道・東御荷鉾線の終点看板

入口を入ってすぐの所です。入口から下の方まで広葉樹が多い林道です。

林道・東御荷鉾線

展望台などはないですが、標高があるところでは木々の間からの景色を楽しめます。

林道・東御荷鉾線

上少し見やすそうな場所で停車してみたところ。ゴルフ場がよく見えました。

林道・東御荷鉾線からの眺め

どんどん標高を下げていきますが、路面は上から下まで終始フラットでした。以前来た時より走りやすかったので、整備したのかもしれませんね。

林道・東御荷鉾線

切り通しになっているカッコイイ岩があったので、ちょっと見学してみました。

林道・東御荷鉾線の切り通し

下りだと気づきませんが、東御荷鉾林道は勾配の看板の表示が面白いです。

林道・東御荷鉾線

12.02%。

林道・東御荷鉾線の勾配の看板

10.53%。

林道・東御荷鉾線の勾配の看板

いろいろとツッコミを入れたくなりますね。東御荷鉾林道だけでなく、他の地域でも小数点以下のある表示を見たことがありますが、この表示には何か理由があるんでしょうかね?

さて、だいぶ下りてきましたが、ずっと広葉樹の森が続きます。

林道・東御荷鉾線

以前崩落していて通れなかった箇所が直されていました。これで安心して県道175号線・177号線から御荷鉾スーパー林道へ抜けることができますね。

林道・東御荷鉾線の崩落していた場所

下の方へ下ってくると杉の木も出てきました。

林道・東御荷鉾線

分岐です。右も直進も県道177号線ですが、東御荷鉾林道は直進です。

林道・東御荷鉾線と県道177号線との分岐

道なりに下っていきます。

林道・東御荷鉾線

ここから舗装路です。ダート区間は地図上では4.9kmでした。

林道・東御荷鉾線の舗装路終了地点

東御荷鉾林道の看板がありますが、ここは起点ではなく、起点の看板は舗装路をさらに下っていった所にあります。

林道・東御荷鉾線の看板

ここでUターンしましたが、失敗・・・。

KLR650の転倒・立ちゴケ

東御荷鉾林道の起点看板は今回行っていないので、ストリートビューで。県道177号と71号がぶつかる鮎川付近にあります。

<知らない林道が見つかるかも知れない。>

コメントを書く
  •  

コメントはありません


ページのトップへ戻る