feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<TRIPOO!! 〜バイク・自転車・釣り日記〜>バイク(KLR650・XR100)、自転車(Vigore)、釣り、DIYなど趣味の日記

神奈川県林道マップ

2017年にバイクリターンした後の林道走行記録です。GOOGLE MAPの林道の線をクリックするとURLが表示され、林道の詳細ページを見ることができます。
ダート/半ダート 舗装路 ■制作中

→他の県の林道マップはこちら

 

※林道の通行状況や路面状況は変わりやすく走れるとは限りません。走行可否の判断は自己責任でお願いします。また林道を走る際は安全運転を心掛けてください。

 

神奈川【戸川林道】のルート地図・GPSデータ


▲地図をクリックすると動かせるようになります。
地図の表示形式は右上のメニューから選べます。右上のロゴをクリックしてRIDE With Gpsのページへ行くと、GPSデータをダウンロードすることもできます。

登山道の入口なので交通量は多いが、とても雰囲気がいい林道

秦野市の戸川公園の北側に伸びる秦野市道52号線は戸川林道と呼ばれ、丹沢登山の入口として使われています。

そのため交通量は多いのですが、神奈川にしては珍しく安心して走れるダートで雰囲気もとても良い林道です。

車が多く通るので気をつけて走らないと行けませんが、はじめて林道を体験する場合はむしろ安心して走れるかもしれませんね。

ダートの道が5km以上続いているで走り応えもあります。

走行日:2021/11/14

 

動画で見る、戸川林道

紅葉が始まっていた戸川林道を走ってきました。路面状況も良いので車さえ注意すれば安心して長めのダートを楽しめると思います。

 

写真で見る、戸川林道

秦野市の戸川公園の東側が戸川林道の入口です。戸川公園のシンボルでもある風の吊り橋の下をくぐって進んでいきます。

戸川公園・風の吊橋

橋をくぐるとカーブがあり林道感が出てきます。

戸川林道

すぐに滝沢園キャンプ場がありますが、そこからダートが始まります。

戸川林道

滝沢園キャンプ場の分岐には人がいたので、その少し先にとまりました。ほぼダート入口の所です。

戸川林道

戸川林道は丹沢登山道の入口になっており車がとても多いです。また、はじめて林道に来るような車も多いので、たまに不思議な動きをする車も多いので注意してください。

戸川林道

交通量は多いものの林道は路面もフラットでよく整備されています。

戸川林道

林道上部だけでなく、下の方の木しか見えない区間でも雰囲気はなかなか良いですね。

戸川林道

戸川林道の途中にある秦野名水「竜神の泉」です。沢から落ちる水がいいですね。

戸川林道

この「竜神の泉」の汲み場も隣に設置されています。利用する場合は煮沸して使って下さいという看板があるので、そのまま飲むのは控えましょう。

ここで水を汲んでラーメンに使うという人も多そうですね。

戸川林道

くねくねと進んで行きますが、きついカーブは少な目です。ただ対向車がけっこうなペースで下りてくる場合もあるので、林道風景を楽しみながらのんびり進みます。

戸川林道

ちょうど紅葉シーズンだったので、黄色くなった葉っぱも楽しめました。関東北部ほどの見事さはありませんが、十分紅葉も楽しめますね。

戸川林道

上の方へ来ると、左の木々の間から山が見えるようになってきます。

戸川林道

山もなかなかいい雰囲気なので上ってみたくなりますね。

戸川林道

新茅荘 駐車場です。手前右側の写真が写っていない所にも車が停まっています。ここに停めている人はほぼ登山の人かなと思います。

戸川林道

駐車場の前にある新茅荘です。週末のみ営業することが多い山荘です。

戸川林道

戸川林道は植林の木々も綺麗ですが、ほどよく雰囲気が変わっていくので飽きません。

戸川林道

新茅ノ沢が出てきました。小さな橋の上からも雰囲気は楽しめます。

戸川林道

新茅ノ沢が流れるあたりからは山の頂上部が良く見えました。所々に紅葉がはじまっていていい雰囲気でした。

戸川林道

戸川林道はほとんどダートですが、急な斜面は舗装もされています。

ここの舗装は側部に水を流すための溝がありますが、コーナーではこの溝に引き込まれそう・・・寄りすぎないように注意ですね。

戸川林道

帰り道に撮ったものです。「うわー紅葉に囲まれている」という場所はないですが。場所によっては紅葉もかなり楽しめます。

戸川林道

a

戸川林道

作治小屋という山小屋です。水場があったり宿泊ができたりします。座ってくつろげる所もあるので、休憩している人も多いです。

戸川林道

左下に河原が見えてきました。まもなく終点です。

戸川林道

左下は河原前の大きな駐車場で、直進は150mほど先で行き止まりです。

戸川林道

大きな駐車場も紅葉シーズンの駐車場は満杯。あまりの台数にちょっとビックリしました。

無料の駐車場ですが任意の協力金を募っていますで、利用する方は募金箱に協力金を入れましょう。

戸川林道

河原ではテントをはってのんびり過ごす人達もいました。

戸川林道

さて、先ほどの分岐を直進し、建物の横を通り奥へと進んでみます。

戸川林道

こちらも少し駐車は出来ますが、沢を横切るので足は濡れますね。登山の人はなれているでしょうが。

戸川林道

奥側から見た所です。ここから先は登山道なので、ピストンで下へ戻ることになります。

戸川林道

最近の神奈川は走れる林道が極端に少なく周辺の林道を絡めづらくなっているため、私はほとんど行かなくなりましたがなかなか気持ちいい林道です。

時期の良い時期の週末は特に車が多めなので、走行は注意して走って下さいね。

<知らない林道が見つかるかも知れない。>

コメントを書く
  •  

コメントはありません


ページのトップへ戻る