好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

最後に取り付けた保安部品は反射板。 法律的には、反射板または尾灯が義務づけられています。 県によって違うかもしれませんが、尾灯は点滅ではダメで、明るさも決められています。 車を運転していると分かりますが・・・、反射板だけでも、車のライトがあたるとけっこう光ます。 何もついていないと、直前まで気づかないこともありますよね。 個人的には、点滅、点灯しているフラッシャーついてい

記事を読む

走れるようになったVIGORE(ビゴーレ)ですが、保安部品も付けて行かないといけません。 普段はハンドルに付ける小さなベルを検討するのですが、 ハンドル回りがスッキリしていてもったいないので、コラム部分に付けられるベルを探していました。 ハンドルにはGPSがつく予定なので、邪魔なものはあまり付けたくないのです。   West Biking の真鍮製のベルに決定

記事を読む

VIGORE専用のライトとして、何かひとつ付けておきたかったので、 どんなものがいいか検討しました。 暗いところを走るときは、明るいライトを取り付けて対応するので、 車体に付けっぱなしにしておくライトは、見た目優先で探しました。   アルミCNCの砲弾形ライト、Bullet Lighting イメージ的には今風のものよりは、ランドナーイメージのものにしてみたい

記事を読む

ついに試走です。 見頃が、やや過ぎちゃってるのですが、 鶴見川の小机付近にある河津桜を見に行くことにしました。 ここはほぼ通勤路。対岸から日々みているところです。 ひとりで行っても目新しさがないので、 ご近所のお友達に連絡を入れ、一緒にご近所の河津桜を見物に行くことにしました。 集合場所まで軽く漕いでいきますが、アルテハブ+DTホールは良く転がります。 通勤用オン

記事を読む

ワイヤーを通し、チェーンをつけ、走れるようになりました。 ライトを付けていないとか、サイコン動かないとか、防犯登録がまだとか、 ちょこちょこやらなければいけない所はありますが。 乗った感じはかなりいい感じです。 完成時の重量も計ってはいませんが、持った感じは十分軽いです。 ポジションは、 きつくもなく、上りで力がはいらない感じでもなく、いい感じです。 サドルも違和感な

記事を読む

サドルを取り付け、ハンドルにバーテープを巻きいたら、完成にかなり近づきました。 はやく乗ってみたい!   アウターケーブルをハンドルにはわせる ブレーキとシフターからハンドルに沿わせてアウターケーブルを配線しました。 ハンドルの中は通せませんが、沿わせることで配線はスッキリ。 ハンドル回りのケーブルがスッキリするのは、嬉しいなぁ^^  

記事を読む

足りなかった細かいパーツを買い足して、ほぼ部品はそろいました。 Fディレーラーは、以前つかっていたデュラエース 以前のっていたカレラにつけていたものですが、バンドの径が違いました。 カレラフレームは34.8mmと一番太いタイプで、VIGOREは28.6mmという細いタイプ。 他の自分の自転車は、31.8mmですので、どちらにしろ、取り外して流用することもできません。

記事を読む

スターファングルナットを打ち込んでいなかったので、ハンドルはまだ仮組だったのですが、 使う機会がほぼないのだろうなぁと思いつつも、高価なものではなかったので買ってしまいました。   アンカーナットセッターをご購入 使用する機会がまずないので、リーズナブルなGIZA PRODUCTSのものにしました。 この価格なら、たとえ使うのが1回でも、ツールを自作するより良いきが

記事を読む

まだサドルはどうしようかまだ悩んでいますが、 部品のあったブレーキとシートポストを取り付けたら、 いよいよ自転車らしい姿になってきました。   シートポストはNITTO S65に たぶん定番的な商品なので見た目は普通ですが、なかなかキレイです。 NITTOってのがなんとなく渋く感じます^^ [amazon]   ブレーキはBR-66

記事を読む

ちょっとずつしか時間がとれないので、 出来るところから順番に取り付けしていきます。   ボトムブラケットはBB-5500に SIRRUSにクランクとセットで付けてあったボトムブラケットを外した時に、 回転のなめらかさを確認しました。 ゴリゴリ(笑) スムーズな感じではありません・・・。カートリッジ式のBBなので交換してしまいましょう。 BBを何にするか

記事を読む

最初に使おうと思っていたハンドルはどうしても前が重そうに見えるので、 ハンドルを検討しなおしました。 3箇所持てるから楽と言われているドロップハンドルも、結局1箇所ばかり持つわけで、 それほど楽と感じたことがありません。 峠などの下り坂でしっかりブレーキかけるには、 下ハンドルを握って前傾にならなければいけないのも、あまり好きではない点です。 かといってフラットバー

記事を読む

持っているステムを当面はつけようと思ってましたが、 最終的にハンドルまわりはシルバーにしたい思いが強かったので、 VIGORE純正のステムを手に入れました。 ステムが変わり、穴の部分高さがかわると、 せっかくコラムをいい位置にカットしても、スペーサーで微調整しなければならない場合もあり、 カットするときにステムを決めておきたかったのもあります。   VIOR

記事を読む