好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

XR100ノーマルタンクと、ジェベル125タンクは取り付け方が違います。
XR100はボルトで固定するのですが、ジェベルはゴム台座にはめ込みます。
正面からみると全然違うのがわかると思います。
右のタンクを再び乗せるべく、車体のステーを合わせていきます。

 

ビッグタンク装着のためのステーを復活させる

ノーマルタンクを戻す時に、ビッグタンク用のステーが邪魔だったため、
後で復活しやすいような位置でステーのパイプをカットしていました。

 

このパイプをタンクの幅と合わせるために延長しないといけないのですが、
中に頭のないボルトを通して、ナットで両側をはさみこむようにして延長しました。

 

もちろんタンク幅に合わせています。
そこにゴム台座を装着すると、タンクの前側は固定できるようになります。

高さを合わせるゴムを装着

タンクの後ろ側の高さも合わないので、ゴムで作ったパーツを装着します。
自作なので見た目わるいですがw

 

これでタンクが乗るようになりました!

 

長さが違うシートで焦りましたが、加工してあるものを装着

試しにタンクを乗せてシートを合わせてみたら、ボルト位置が合わない^^;
あせりましたが、シートも加工したのを思い出しました。
加工済みのシートを引っ張り出し装着してみると、ボルト位置は大丈夫そう。
ほっ。

 

あの頃の雰囲気に戻ったXR100R

ガソリンコックの位置がちがいすぎて、ガソリンホースを交換しないといけないのですが、
タンクとシートを乗せてみると、あの頃一緒に走ったXR100の姿に近づきました!
めっちゃしっくりきます。かっちょいいー。

 

ガソリンコックの位置がちがいすぎて、
ガソリンホースがまだちゃんとついていませんが、もうちょいです!
はやくこの姿のXR100に乗りたい!

コメントを書く

*

コメントはありません

FEED

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss