好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

現在装着しているKLR650のタンクは、長期保管していたものです。
おろしてからそれほど年数もたっていないので、サビは比較的大丈夫なのですが、
まるっきりサビがないわけでもなく年式も古いので、
保険として燃料フィルターを取り付けることにしました。

 

鉄粉を除去できる可能性のあるマグネット付きに

XR100につけたのと同じ、比較的小さいタイプでマグネット付きしました。

ガソリンコックの入り口にもフィルターがついているので、
ガソリンフィルターの網目でのろ過は、ほとんど期待していません。

いちおうこだわったのは、マグネット付きです。
サビが大量に落ちてくるようだと、意味をなさないと思いますが、
フィルターをすり抜けた細かい鉄粉を除去できる可能性はあるので。

エンジンをかけると、負圧ですーっとガソリンが通り抜けて行きます。
XR100とは違って、フィルタの中にガソリンはたまりません。

どのくらい効果があるのか分かりませんが、
お守りみたいなものとして付けてみました〜。

コメントを書く

RSSでコメントをフォロー
feedlyで更新情報を購読

コメントはありません