feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<TRIPOO!! 〜バイク・自転車・釣り日記〜>バイク(KLR650・XR100)、自転車(Vigore)、釣り、DIYなど趣味の日記

CAT EYE 自動点滅テールライト TL-AU165-BS を自転車に装着しました。名前の通り自動でLEDが点滅し赤く光る機能が付いていますが、赤色反射板の機能もしっかりそなえているテールライトです。1つで2つの機能を備えたこのテールランプを紹介したいと思います!

法律に義務づけられている赤色反射板

法律的に、自転車には反射板または尾灯が義務づけられています。県によって違うかもしれませんが、尾灯というのは点滅ライトではダメで、明るさも決められています。

点滅する赤色フラッシャーついていれば安全であるとは思いますが、法律的なことに加え、電池切れや故障したときに危険なので、赤色反射板を一つはつけておくと安心です。

赤色の反射板は、反射板だけでも、車のライトがあたるとけっこう光ます。何もついていないと、直前まで気づかないこともありますからね。

 

赤色反射板とLEDフラッシャーの機能が両方ついているテールランプ

フラッシャーと反射板を2つ付けるとのがイヤで、1つで2役の機能を持つテールランプを探してみました。思いのほかフラッシャーと反射板が一体になっているものが少なかったです。見つけても、サイズが大きすぎたりして、装着する気になれません。

そんな中、見つけたのが、CAT EYE 自動点滅テールライト TL-AU165-BS 。

見た目が普通です!光るようには見えないほど普通です!というか、普通の赤色反射板にしか見えませんね。これだ!と思いました。

反射板としてきっちりJIS適合しているので、電池が切れても安心です。ここ重要!LEDの点滅はそれほど明るくないですが、電源をオンにしておけば、暗くなると自動点灯してくれるので、トンネルに入ると自動で光ってくれるのもポイントが高いです。

 

自転車への取り付け

バックステー取り付けタイプを買いましたが、かなり細めのフレームにしか付かないようなバンドがはいっていました。ロードレーサーのフレームにはまず付きませんので、別売の取付具を買う必要があります。ここだけは不評みたいです。

ビゴーレのフレームは細身なので、ゴムを外せばかろうじて付きますが、いっぱいいっぱい。別売の取付具を購入し装着しました。

 

自動点灯のLEDをオンオフできる

本体の赤い部分を180度回すとスイッチが入ります。スイッチオンの時は明るさを検知して、暗くなったら自動でLEDが点滅します。サイクリングに行くときにスイッチをオンにしておけば、トンネルに入ったときに自動点灯してくれて安全です。

またスイッチをオフにする事もできるので、電池のセーブが出来るところもいいですね!LEDが点灯していなくても、反射板としてしっかり機能するので、最低限の安全は確保できるのも良いのです。

 

コメントを書く
  •  

  • INTER8

    お、このテールライトというかリフレクターいいですね。
    でも電池が小さいから交換が面倒だね。このサイズだと充電池はないし。USB充電タイプはあるのかなぁ。

  • トリプー

    普通のリフレクターにしか見えないのがいいですよねー。
    USB充電タイプは見つからなかったです。
    乾電池式はいくつかありましたが、大きさがちょっとという感じでした。
    私の場合、光ってなくても使えるからということで、ボタン電池なのは割り切りました。


  • ページのトップへ戻る