feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<TRIPOO!! 〜バイク・自転車・釣り日記〜>バイク(KLR650・XR100)、自転車(Vigore)、釣り、DIYなど趣味の日記

千葉県林道マップ

2017年にバイクリターンした後の林道走行記録です。GOOGLE MAPの林道の線をクリックするとURLが表示され、林道の詳細ページを見ることができます。
ダート/半ダート 舗装路 ■制作中

→他の県の林道マップはこちら

 

※林道の通行状況や路面状況は変わりやすく走れるとは限りません。走行可否の判断は自己責任でお願いします。また林道を走る際は安全運転を心掛けてください。

 

千葉【大福山林道】のルート地図・GPSデータ


林道・大福山線の地図

▲地図をクリックすると動かせるようになります。
地図の表示形式は右上のメニューから選べます。右上のロゴをクリックしてRIDE With Gpsのページへ行くと、GPSデータをダウンロードすることもできます。

千葉の山なみを眺めながら南北へ移動できる林道

県道32号線方面から戸面蔵玉線へ抜けれるダートの残る林道です。南北へ移動できるのでツーリングに組み込みやすい林道だと思います。

例えば、月崎の素掘りトンネル群を見て、亀山湖や養老渓谷を回っても良いですし、鴨川の方へ下りていくこともしやすいです。

大福山林道までのアクセス道も含めれば、山あいの道をかなり楽しむ事も出来、大福山林道の尾根に出てからは千葉の山並みが見れる場所が多く気持ち良く走れます。

走行日:2021/12/18

 

動画で見る、大福山林道

君津環境整備センターのある林道大福山線の終点から、林道戸面蔵玉線の起点へ抜けました。全線ダートではありませんが、まぁまぁ残っているかなと思います。

超フラットな道なのでとても走りやすく、ちょこちょこと千葉の山が見え場所が多いので気持ち良く走れます。移動が楽な林道なので、あまり時間を取られないのも良いところなのかもしれませんね。

 

写真で見る、大福山林道

県道32号線の市原市菅野から南下していくと林道・大福山線があります。入口には君津環境センターという最終処分場と林道・女ヶ倉線への分岐があります。左へ行くと林道・女ヶ倉線で、道なりに下へ下りていくと林道・大福山線です。

千葉・大福山林道

林道看板はズレてました・・・。以前は柱にまっすぐ取り付けられていましたが・・。ちなみにこちらが林道としては終点になります。

千葉・大福山林道

林道・大福山線の入口にある最終処分場は大規模な拡張工事がされていました。以前からトラックが多い道でしたが、さらに多くはしっているようです。

千葉・大福山林道

すぐに砂利道になり、処分場の脇を走る林道を下っていきます。処分場が見えなければすでに雰囲気もいいですね。

千葉・大福山林道

最終処分場の入口です。

千葉・大福山林道

最終処分場のすぐ先には、林道・坂畑線との分岐になっています。舗装林道で亀山湖の方へ抜けることが出来ます。

千葉・大福山林道

坂を少しのぼって尾根へ出ると左右にチラチラと景色が見えるようになります。

千葉・大福山林道

千葉なので高い山はなく、自分もそれほど高い位置にはいないので、お〜という感動は少ないですが明るく開放的です。

千葉・大福山林道

景色が見えない所も雰囲気も悪くないですよ。

千葉・大福山林道

このようにちょいちょい開けた所があるのが良い所です。

千葉・大福山林道

少し展望がある所で停まって見ました。こういう風に走りながら少し景色が見える所が多いです。

千葉・大福山林道

もう少し開けている所。これくらい眺められると気持ちいいですね。

千葉・大福山林道

左は、林道・加茂線です。

千葉・大福山林道

道は超フラットなので快適に流すことが出来る林道ですね。

千葉・大福山林道

舗装路になりました。

千葉・大福山林道

舗装路はだいぶ端折りますが、砂利道と同じような雰囲気が続くので、思ったよりは悪くないです。

千葉・大福山林道

切り通しが出てきました。ここまでくると終点はすぐそこです。

千葉・大福山林道

林道・戸面蔵玉線につきあたり終点になります。林道的にはこちらが起点になりますね。

千葉・大福山林道

林道・戸面蔵玉線を北上すれば養老渓谷へ、南下すれば亀山湖や鴨川方面へと出られます。アクアラインからそれほど遠いわけでもなく、南北に移動できるので、ツーリングにも組み込みやすい林道かなと思います。

コメントを書く
  •  

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

コメントはありません


ページのトップへ戻る