好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

2018/7/8 KLR650のノーマルスキッドプレートは樹脂製です。 もちろん、樹脂といってもかなり固いんで、 跳ね上げた石があたるくらいは問題ありませんでしたが、穴が多いのがなんとなく・・・。   純正でもいまのとこ問題ないと言い聞かせてましたが(実際そうなのですがw)、 KLR650購入当時からアルミにしたかった部分。 せっかく海外から高い

記事を読む

2018/7/8 KLRのスクリーンはコンパクトでも、かなりきっちり風を受け流してくれますが、 なんとなくスクリーンを変えてみました。 大きさはけっこう違うので、風防効果は大きい気はしますが、路面の点前は見づらいのかもしれません。 まだ乗ってないので分かりませんが・・・w 大きさ以外では、純正はボルト装着部分の作り込みがすごいw シールドをとりつけて、ステッ

記事を読む

写真のほうが好きなので、動画は撮影にも編集にも力を入れいません^^; 手軽な感じでないと、撮ることすらしなくなると思うので、外部マイクを付ける気もありません^^; それでも、大きすぎるバイクの風切音だけは少し低減させたいと思い、マイク部にモフモフをつけてみました。 仕事帰りの100均で良さそうなモフモフさがし。猫じゃらしが良さげだったのでご購入。 これをカメラに合わ

記事を読む

2018/6/30sat 土曜日の昼間の時間があいたので、伊豆ツーリングに参加してきました。 走る所はフラット林道なので、今のタイヤでも問題ないのですが、 雨が降るとマディになる林道なので、天気だけは気にしていました(笑) このところずっと雨降ってないし、当日も晴れ予報!これならダイジョブ イケルイケルw 集合場所の伊豆の天城に向かいます。   雨降っ

記事を読む

2018/6/24 先週のことですが、土曜も日曜も仕事になり、どうも気分が落ちていきます。 仕事に影響ない範囲で、リフレッシュしたかったので、 東京とは思えない自然がある小野路付近までバイクを走らせます。 この辺を走ったり歩いたりするなら自転車のほうが楽しめますが、 軽自動車しか通れないのでは?という道をバイクで走るのもたまにはいいですねぇ。  

記事を読む

2018/6/23 赤レンガと並んで人気のある、夜の撮影スポットの象の鼻パークに行ってみました。 ちらっと赤レンガも見ましたが、バイクや自転車の人など同じ趣味の人達が何組も集まっていました。 もはや、夜な夜な友達と集まって・・・という歳でもないですが、 あんなところで友達と話していたら、楽しい時間があっという間に時間すぎていくでしょうね。 バイクでも、釣りでも、写真で

記事を読む

KLR650のライトはレンズカットがある時代のもので、もともとそれほど明るくありません。 そして古さもあってか車検での光量チェックでは、けっこうギリギリ。 まわりを走る車のライトが明るくなったことや、自分の目が加齢で衰えていることもあり、 ライトが付いているか分からないこともあります。 暗くて見えない夜の走りを快適にしたくて、 いま流行のフォグランプ(アシストランプ)を装

記事を読む

クルマでのデートが全盛だったころ、 アルバイトの先輩に教えてもらった、ベイブリッジが見える横浜のデートスポットです。 道路の脇にクルマを横付けして、横浜の港が見ることができ、 週末、港が見えるスペースには、いつもクルマが停まっていました。 住居も近くになあり、狭い一般道でしたので、書籍などに紹介されることもなく、 インターネットもない時代でしたので、なんとなくクチコミで伝

記事を読む

RG50Γ初期型に乗っていたのは高校生の時。 すでに原付のリミッターによる60kmの規制がはじまっていましたが、 このバイクには90kmの速度メーターが付いていて、メーター読みで95kmを出す事も可能でした。 ブレーキもたいして効かないのに、限界まで出せてしまうスピード。 そんなバイクに、筆記試験だけの原付免許で乗れてしまうという・・・。 おまけに当時は、法律的には原付は

記事を読む

そもそもは、キャブOH後にスロット全閉で急制動するとエンジンがストールするようになりました。 規定値に回しておいたつもりですが、もしかしたら間違えて余分に回していたりしたのかもしれません。 エアスクリューを調整すれば解決するのですが、キャブを車体に取り付けてしまった後では、 KLR650は、キャブ調整用のワイヤー式のドライバーはもちろん、薄いL型のドライバーでも入らないスペースな

記事を読む

スムーズにローターボルトが取れたリアでしたが、フロントは苦戦しました。 最終的に、ボルト全部なめました(笑)   ヒートガンで熱して、インパクトで一気に回すが、回らない ラスペネもして、リアと同様の作業で、 インパクトドライバーで一気に回しますが、ボルトはビクともしない・・・・。 なめてしまいそうなので、別のボルトを試しますが、それも全く回りません・・・。 順番

記事を読む

6勝0敗とわざわざ書いたのは、フロントが0勝9敗だったからです(笑) まずは普通の作業で取れたリアから。   ラスペネつけておく いちおうラスペネをボルトに吹いておきました。   ヒートガンであたためる ボルトのネジロックを無効化するため、ヒートガンでボルトを熱します。 前はガスバーナー使ってたのですが、ヒートガンのほうがやりやすいので買

記事を読む