好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

無塗装のPP外装を蘇らせるにはどうしたら良いかググっていると、
金属部分の錆びとりなどで効果を発揮する、
あのボンスター スチールウールでこするとキレイになるとのこと!

プラスティックにスチールウールってのは意外でしたが、
ボンスターは常備しているので、半信半疑ではじめてみます。

元の状態はこれ。かなり劣化しています。
白いムラが汚くて、このままでは使う気がおきません・・・。

 

ボンスターで磨いてみると、あら、あっという間にキレイになっていく!
半分までやってみて、比較です。
もちろん左が磨いた後、右がまだ磨いてない部分。

表面のプラスティックを削っていく感じなので、傷はかなり入ります(笑)
ですが、近づいてじっくり見ないと分からないので、
劣化した部分の色ムラがなくなるだけで、素晴らしく使える感じになります!
元がこの状態ですしね^^;

その後、目立たないところをペーパーで磨いてみましたが、
かなり細かいもので相当がんばらないと綺麗にはならなそうでした。
ぶっちゃけ、オフ車だし、ボンスターだけで十分かなとw

ボンスターで白い劣化部分を削り取った後、
ワコーズのスーパーハードでPP樹脂をコーティング。(ワコーズ スーパーハードの記事はこちら
近づけば傷はありますが、もう十分使える状態ですよー。

ちなみに新品みたいにピカピカにするためには、
細かいペーパーで傷をとった後、プラスティックポリッシュで磨き上げるのが良いようです。
でも、磨きマニアではない自分的には、この状態でぜんぜんオッケー!

コメントを書く

*

コメントはありません

FEED

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss