好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

眠り続けるKLR650B型 「天涯」

KLR650シリーズには、
日本で2年間発売され、米国でベストセラーになったKLR650A型、
ヨーロッパ向けに作られたKLR650C型、現行のアドベンチャーKLR650E型、
そして、A型をベースにパリダカカウルを装着し装備が豪華になった
KLR650B型「天涯」の4種類があります。

販売台数こそ少なかったKLR650B天涯は、
当時のバイクALLカタログ的なものにも小さく載る程度でしたが、
ごく一部での人気はすごかったのです。

天涯という漢字を使ったネーミングやパリダカなスタイルもあって、
米国で大成功したKLR650A型よりも、
日本の雑誌に取り上げられることが多かったと思います。
可哀想なA型(笑)

後に新車で手にいれたKLR650A型を私はとても気に入っていますが、
「天涯」というワードとスタイルに惹かれ、欲しいと思ったことが何度もありました。

もう何年も前になりますが、その天涯を友だちが天涯を手に入れました。
同じ年代のカワサキ好きなバイク友で、
「天涯いいよねぇ」と話しをしていましたが、まさか本当に手にいれるとは!
買ってからはほとんど乗ってはいないのがもったいないですが。

ガレージ保管されている友だちの天涯を久しぶりに眺めながら、
「走れるようにしたら、乗らせてね!」と言いました。
そして、「売るときは、声掛けてね」とも(笑)

コメントを書く

  •  

RSSでコメントをフォロー
feedlyで更新情報を購読

コメントはありません