好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

麻生不動のだるま市は、毎年1月28日にひらかれます。
境内周辺にだるまの市がたち、参道には出店がずらり。

近隣ではかなり有名な市で、この近所でお仕事をしいるお友達は、
渋滞で仕事にならないと毎年おやすみにしてしまうほどです(笑)

平日も休日も関係なく1月28日に市がたつので、私は毎年は行きません。
1月28日が週末にあたった場合には、父やおじさんにくっついて見物に行くのが恒例です。

 

麻生不動尊だるま市の駐車場事情

クルマで行く場合、日中の時間帯はとても混んでいるらしく、
毎年、父はだいたい8時30分前にはつくようにしているようです。

この時間だと道路はまだ混んでなく、
駐車場は、誰かが帰るところにポンとはいれる感じです。

いまどき専用の駐車場もなく「どうしてここで開催?」と思ってしまうほどですが、
一応は、臨時の駐車場が設置されます。

川沿いです(笑)

上麻生線の隣りを流れる鶴見川(谷本川)の支流、片平川の側道が無料駐車場になります。
谷本川の方も停まっていますが、どこまでが認定された臨時駐車場かは分かりません^^;

川の側道という、係の人が案内できないような長細い駐車場なので、
駐車場や建物入り口を避けて、おのおの適当に止めてる印象です(笑)

側道自体も狭く、地元民はみな軽などの小さなクルマで行く感じなので、
大きなクルマを停めるのはちょっと躊躇してしまうかもしれません。

その他、上麻生線の脇に臨時の民間駐車場も出現しますが、
幹線道路沿いにそれほど余っている土地があるわけでもないので、
近隣のコインパーキングや臨時の民間駐車場はかなり少ないです。

専用駐車場もなく、公式には公共交通機関をすすめてます。

だるま市の日は、柿生駅から臨時便がピストン輸送しているそうですし、
公共交通機関を利用できる場合はその方が無難かもしれません。

 

参道は出店がいっぱい

出店のならんだ参道を通り、境内へ向かいます。
行きは荷物(だるま)もあるし、「何があるかな・・」と見る程度(笑)

おめんの出店を見ながら、
「マリオのおめんではないのだ、スプラトゥーンのおめんがあったら買うのに」
と思いながら進んでいきます(笑)

 

昨年のだるまを納め所へもっていく

目を入れただるまとお札を境内の端にある納めどころへ持って行きます。
だるまは見分けがつくのか分かりませんが、
お札は確実にここのものしか受け取ってくれませんので注意です。

ついでにいえば、ダルマを入れてきた袋なども持って帰らねばなりません、

邪魔にならないように、うちはいつもビニール袋にいれて持っていって、
帰りはポケットにビニールをつっこんで帰りますw

 

お札とだるまを買う

火難から人を守るお不動さんらしいので、まずは火伏せのお札を購入です。
父が買って、はいこれって渡されるだけですが(笑)

火伏せのお札キッチンまわりに貼っておくようにしています。

そしてメインイベント。だるま購入。
値段はほぼ決まっていますが、若干は値切れるようです。

そして購入すると、
「よよよい、よよよい、よよよいよい」と火打ちでだるまに魂をいれてくれます。

 

帰りは出店を楽しみながら

植木市なども出ているのですが、
植木必要ないので、だるまを買ったら帰路につきますw

帰りにたいやきを買うのが定番です。大判焼きも買うこともあります。
釣りに一緒に行くおじさんは、帰りに落花生を買うのが定番なようです。

子供と来たときは、綿飴なども買ったりしました。
今年は、いつものたいやきと焼きそばをご購入。

おじさんはお肉をごちそうしてくれました。
この手のお店のお肉は気になっていたので、ちょっと食べれて嬉しかったw
かなり美味しかったです。ごちそうさまでした。

同じような食べ物ばかりにも見えますが、
お店によってけっこう違うものが出来上がったりもするようで、
その違いを見て「ここのは美味しそう」と見るのも楽しみ。

だいたい同じ場所に同じ店がくるようで、
行列ができるお好み焼き屋さんがあったりもします。
毎年来ている人には、自分だけのお気に入りのお店がありそうですね。

以前乗っていた自転車に装着していたアルテグラのクランクを
VIGOREにインストールするつもりでしたが、どうも似合いそうもありません・・・。
かといって新品クランクは高いので、買うほどの費用はかけたくないのが本音です。

新品のクランクも見たりしながらも踏み切れず、
Sirrus A1につけていたクランク、スギノ コスペアを取り付けることにしました。

取り外されてしまうSirrus A1のクランクは、
手持ちのホローテックIIのBBに合うTIAGRAの中古クランクを購入することにします。

アルテグラをつけてもいいのですが、子供がそこら辺に乗っていくには目立ちそうですし・・・。
必要なくなるアルテグラクランクは売ってしまう方針です。

 

クランク、スギノコスペアを取り外す

このクランクを取り外します。
BD-1に乗っていた頃からずっと使っているので、かなり傷などは多いのですが、
デザインはお気に入りです。

まずはペダルを15mmのレンチで外します。左が逆ネジ。右は普通です。

ペダルを外したら次はクランク。
ボトムブラケットはオクタリンクなので、中が中空です。
コッタレスクランク専用工具と、クランク抜きアダプターで抜きます。

 

ボトムブラケットを取り外す

クランクを外したら、カートリッジボトムブラケット用の
ボトムブラケット取り付け工具でBBを外します。

まず左を通常の方向に外してまわして、右を時計回りで外します。右側は逆ネジです

 

クランクまわりの部品が全部はずれました。
左が外した部品、右が使った工具です。

 

ホローテックII用のBBを取り付ける

アルテグラのクランクは売ることにしましたが、ボトムブラケットは持っているものを使うことにしました。
ホローテックIIのほうが工具がシンプルなので、取り付けも取り外しも簡単です。

BBに、左右、どちらへ回せば締まるか、の表示もあるので迷うこともありません。
BBのねじ切り部分に少量のグリスを塗って締めます。

 

クランクを取り付ける

クランクは中古の4550ティアグラです。

クランクのシャフトにグリスを塗って、チェーンリングがある方をBBに差し込み、
反対側をはめ込んだ上、脱落防止のツメを落としてネジを締めます。
あとはキャップをつければ完成。

特殊工具がキャップ回しくらいなので、ホローテックIIは整備はやりやすい気がします。

左側の六角のネジがなんか造形として雑にみえるのと、
右側と左側の見た目が大きく違うので、実はそれほど好きな形ではないのですが(笑)、
ちょっとSIRRUSには、こっちのクランクのほうが似合う気がします^^

 

ペダルをの取り付け

ペダルのネジ部分にも少量のグリスをつけて取り付けます。
私はバイクでも使ってるスプレー式のをちょっとだけ塗りますが、ゲル状のものでも大丈夫。

グリスは異音をなくしたり、取り付けがスムーズになって部品を傷めなかったりというのもありますが、
固着しにくくなって、スムーズに外れるというのが一番大きい気がします。

 

FD調整 シマノの変速性能すごい

フロントが48Tから50Tになったので、少しだけフロントディレーラーを上げました。
変速したら、いきなり外へ落ちたので、ディレーラーを調整。

ちゃんとしたシマノのスプロケットを久しぶりに使いましたが、変速性能がすごいw
変速が素早くきまるような工夫がされているシマノ製は、ほんと気持ちよくきまります。
さすがですねぇ。

Honda XR100 November,2017

橋本側から道志みちにはいってそれほど行かない所だったと思いますが、
右手に石積みが気になる脇道があります。

その脇道にはいったすぐの所、上へ向かう石積みの道。
道志みちからよく見えるので、ずっと気になっていました。

ちょっと寄り道して、コケむした急坂を上る。
いったい何があるんだろう?なんだかワクワクします。

ほんの数十メートルで頂上へ。

そこは・・・畑でした^^;
お仕事中のおじさんおばさん、すみません。
ちょっと気になった道だったので^^;