feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<TRIPOO!! 〜バイク・自転車・釣り日記〜>バイク(KLR650・XR100)、自転車(Vigore)、釣り、DIYなど趣味の日記

ラウンドアバウトという交差点

ラウンドアバウトという交差点をご存知でしょうか?日本語では環状交差点とよばれる信号がない交差点です。信号なしでスムーズに交差点に入ることができるので、交差点進入への待ち時間が少ないのが特徴でしょうか。

左側通行の日本の場合、ラウンドアバウトは交差点内の右からくるクルマが優先です。交差点に進入する車は右から車が来ないか確認し、車が来なければ交差点に進入できます。そして一方通行の道をぐるっと回って、行きたいに方向へ抜けていくのです。

日本では実験的な交差点が多く数も規模も小さいですが、かつて旅行したオーストラリアは、環状の道路の円が大きく交通量の多いラウンドアバウトもたくさんありました。

信号がないのでストレスなく通行できるラウンドアバウトですが、たくさんの車がスムーズに通れるようにするには、円が大きくなってしまうので、土地をかなり使うので日本には不向きのようです。

 

神奈川県内に3箇所ある新横浜のラウンドアバウトを訪ねてみました

神奈川県内には3カ所(金沢区・港北区・横須賀市)にラウンドアバウトがあります。そのうちの一つ、港北区新横浜のラウンドアバウトを訪ねてみました。

新横浜のラウンドアバウトは、クルマ通りの少ない裏通りにひっそりとありました。実験的な意味で作ったのでしょうが、この交通量では、普通の交差点でもまったく問題がなさそうですね・・。

環状の道路もこぢんまりとしていて、道路に進入してもすぐに曲がるところが来てしまいます。ラウンドアバウトの便利さよりも、無駄に土地を使っている印象になってしまいますね・・。

特にこの道を使って行きたいところもないので、交差点を一周して元来た方向に戻り、帰路につきました。元来た方向にUターンなしで戻れるのは何気に便利に感じました。

散策日:2018/10/7

コメントを書く
  •  

コメントはありません


ページのトップへ戻る