好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

日本で2年間発売され、米国でベストセラーになったKLR650A型、
ヨーロッパ向けに作られたKLR650C型、現行のアドベンチャーKLR650E型、
そして、A型をベースにパリダカカウルを装着し装備が豪華になった
KLR650B型、通称「天涯」の4種類があります。

販売台数こそ少なかったKLR650B・天涯では、
当時のバイクALLカタログ的なものにも小さく載る程度でしたが、
ごく一部での人気はすごかった。

天涯というネーミング、パリダカなスタイルもあって、
米国で大成功したKLR650A型よりも雑誌に取り上げられることが多かった。
可哀想なA型(笑)

後に新車で手にいれたKLR650A型を私はとても気に入っていますが、
「天涯」というワードとスタイルに惹かれ、欲しいと思ったことが何度もありました。

その天涯を、もう何年も前ですが、友だちが天涯を手に入れました。
同じ年代のカワサキ好きなバイク友で、
「天涯いいよねぇ」と話しをしていましたが、まさか本当に手にいれるとは。
買ってからはほとんど乗ってはいないのがもったいないですが。

ガレージ保管されている友だちの天涯を久しぶりに眺めながら、
「走れるようにしたら、乗らせてね!」と言いました。
そして、「売るときは、声掛けてね」とも(笑)

2018/7/18

2×4のレッドシダーがあったので、3本目を交換できました。
3本目のとこは柱があるところなので、他とはちょっと違います。
ビスを外してしまったので崩れてますが、元々はこんな感じでした。

金属の支柱の手前でカットしました。

 

両側に2×4をかぶせて、真ん中に4×4をいれました。(ビス1カ所打ち忘れてるw)
一応下は地面に接しないようにしました。

コンクリートの床が汚かったので清掃もしました。
あとは木材が届いてからなので、来週以降。

2018/7/13

ヌタ道を少し走って、ステップを換えようと決心していました。
スタンディングはあまりしないほうなので、昔はこれでなんとか行ってたような気もするのですが、
ブーツを地面に付けた後にステップ乗せると滑るって気持ち悪く、いろいろ頼むついでにということで・・。

ノーマルのゴムステップはこれです。

装着は差し替えるだけなのでかんたんです。
ステップ位置はノーマルより低くすることもでき、外側への張り出しが少し大きいです。
クラッシュバーの分、外側へオフセットされているのですが、さらに外側へ。

オンロードやツーリング時には、ゴムステップも取り付けられます。
オフ車はみんなギザギザステップですし、靴底がボロボロになっても気にしないので、
必要性は感じないのですが、欲しかったものとまとめて買える通販のお店には、コレしかなかったw

SW-motech製品をけっこう買っている気がしますが、
私の買った製品については、仕上げも精度も良いので、かなり好印象。

FEED

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss