好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

KLR650のパニアは、日本の道路事情を考え、 運転に気を使わなくてすむ、小さめの21リッターのパニアに変更しています。 このパニアだと、キャンプツーリングで、テントまで入れるのは難しいですが、 テントをパニア外に出して積載しても、小さめパニアの方が走りやすいのでそちらにしました。 パニアが小さめなため、パニアに入らないテントなどを外に積載する物が出てくるわけですが、 そ

記事を読む

左がGIVI E36、36リッター。右がGIVI E21、21リッターのパニアです。 高さももちろん違いますが、幅が大きく違います。 カナダへ行った時は36リッターで行きましたが、日本では幅があって気を使うので、 XR100でも使えそうな大きさが手頃な21リッターのものを買いました。 先日、E21を両側に付けて走った感じですが、幅をあまり感じませんでした。 すり抜けしよう

記事を読む

バイクもそこそこ古いということもあり、なんとなく工具を持っていないと不安な私ですが、 これだ!というツールケースにいままで出会っていませんでした。 バイクも乗れるようになり、また長距離も出かけたい今日このごろ、 なんか良いものないかなと思い探して、見つけたのがこれでした。 トップの写真は、どんな感じに収まるかなと思い、 なんとなくいつも持って行く感じのものを試しに入れてみ

記事を読む

  先日、千葉へツーリングに行った時、昭和レトロなかわいい簡易郵便局みて、 80年代後半・90年代前半に日本中を走り回ってたころに 旅のために郵便局に口座を作ったことを思い出しました。 今はどこの銀行でも、たいていのATMでお金の引き出しができます。 銀行へ行かなくても、コンビニでも大丈夫です。 当時は、基本的には同じ銀行のATMでしか使用することが出来ま

記事を読む

October,1998  Honda XR100 すでに時期は秋。 霜がおりはじめて寒くなってきた標高が高い地域から、 標高の低い地域に移動しながら、西海岸を目指して快適な温度で走っていました。 その途中にあったのが、デスバレー。 もっとも低いところが海抜マイナス86mで、 夏の気温は50度を超えるらしく、最高気温56.7度を記録したこともある死の谷です。 deat

記事を読む

August,2006  Suzuki RG400Γ バイクに乗る人は、いいなと思う憧れのバイクが心の中にあったと思います。 RG50Γに乗っていた高校生の頃は、RG250Γが憧れのバイクの一つでした。 当時としてはかなり過激なスタイル、45馬力を叩き出すエンジン。 3000rpmが書いていないメーターは、その回転数以下では走るなと言わんばかり。 これで走っていいの?

記事を読む

July,1998 Honda XR100 アラスカのフェアバンクスから 北極海に面したプルドーベイへ通じる道のダルトンハイウェイ。 ハイウェイと名が付いていますが、砂利道区間が700km弱あります。 日本で言うところの「酷道」という感じです。 その道を、北へ北へどんどん進むと、 森の針葉樹林がどんどん低くなり、まばらになり草原になっていきます。 学校で習ったタイ

記事を読む

午前中の仕事を終えて、午後の用事を済ませたら、 夕方間近になってしまいましたが、ちょっとだけバイクに乗りたくなりました。 どこかへ行くには時間もないので、 お友達の板金屋の天涯とKLEを眺めに行ってみようと思い出発です。 母校の前を通り、川沿いのダートを一瞬だけ走ります。 ダートを走ったのは、たったの数百メートルですが、とっても楽しい(笑) ダートを走れるバイクだと

記事を読む

June,2000 Kawasaki KLR650 KLR650は1987年の登場し、A型、B型、C型、E型と続いていきます。 私のKLR650はA型で、A型はかなり息の長い長寿モデル。 2007年まで、なんと20年間作られました。 このA型が日本国内で売られたことがありますが、 日本では、走るのに良い場所がのなかったことが原因で、 あまりの不人気さゆえに、たったの2年

記事を読む

December,2008   GB250 Clubman ネイキッド、アメリカン、などなど、シルバー輝くメッキを多用するバイクは なんとも美しく、とても魅力があるものです。 多用というほどではありませんが、所有したことのあるGB250Clubman、Zepher1100が この輝きを発しているバイクでした。 バイク自体の魅力ももちろんありますが、 その輝きで所有欲

記事を読む

KLR650を手にした時は、バイクでつながっていたほとんどの友達たちが 大排気量のスーパースポーツやツアラー、ネイキッドに乗っていた時代。 2台目を持っている人はオフ車を持っていたりもしましたが、 みんなでツーリングに行くときは、巡航速度などから大きなバイクをチョイスしてきていました。 本気でアクセルをひねられるとついてはいけないのですが、それでも回せばパワフルなKLR65

記事を読む

2018年02月08日

Honda XR100 October,1998 <BajaCalifornia,Mexco> 道を走っていると、ときたま軍の検問がありました。 悪い事はしていないし、軍や警察がひどい事をしている地域でもないので、 「検問です。免許見せてね、どこまで行くの?」くらいしか聞かれません。 日本の検問と違うのは、銃。 日本の警察官でも拳銃を身につけていたり

記事を読む